« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月22日 (木)

日光彫

2006_0720240007 これは家族が景品で戴きました。
嵩張るので宅急便で送ってくださいました。
まだ何か見る前は、お盆だと思っていました。
「縦横30センチほどで、軽い。」と、聞いていたからでした。
軽いものはプラスチックか、木工品と言うイメージがこびりついています。
木製品ということは、当りましたが、このような「インテリアボックス」とは箱を開けるまで分かりませんでした。どの部屋に置こうか迷っています。
使うのが「もったいない」と言う気持もあります。
でも使います。

   もみぢ

2006_0720240006 2006_0720240009

2006_0720240010 2006_0720240011

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

北海道最終日

昨日見ることが出来なかった、札幌のテレビ塔に上がることにしました。
この日はあまり待つこともなく上に上がることが出来ました。
大通公園の方には雪祭りを高いところから見ようと沢山の人が集まっていました。
ここでマイセン美術館の券をくれたので、前日から美術館でも行こうか・・・と考えていたので、そちらに向かうことにしました。
サッポロワイナリーの上にあると言うことで、行ってみると無料の鑑賞券でポストカードも一枚プレゼントされました。
中ではマイセンの作品をはじめ歴史や作者の紹介、行程のビデオなどがあり、興味深く拝見いたしました。
ショップや喫茶があり、マイセンを買うこともできますし、マイセンのカップでお茶することもできます。(有料)マイセンを堪能したところで、ワイナリーの中を見学することに致しました。
工場見学のように歴史あるものを展示してあるコーナーもあり、時間つぶしが出来ます。

色んなショップが入っており買い物等もここで済ませることが出来ます。体験コーナーの一つにトンボ玉の店があり、トンボ玉を体験することに・・・二人で交互に思い思いの玉をガスバーナーの火で作るのですが、冷ますのに時間が掛かるというので、その間食事をするlことに・・・食事を済ませて店に行くと丁度良い時間帯でした。

このあとホテルに戻り預けて置いた鞄を受け取りJRに向かいます。
JRタワーがこの辺りで一番高いそうで、その展望台に上がりました。38階と言うことでしたが、入場料は700円でした。
上に上がるとさすがに景色がよく見えました。
天気が良くて見晴らしが良かったことはラッキーでした。
札幌の街にお別れを告げて帰りました。

   雪まつり思い出に買ふトンボ玉   もみぢ
   高階に雪まつり見る人ばかり     〃

何かと忙しくなり、今まで通り時間がとれなくなりましたのでブログを休止致します。
又お会いできる日がありましたら、宜しくお願いいたします。

|

2007年2月15日 (木)

雪まつり

会場は三カ所に別れていましたが、まずすすきの会場に地下鉄で行きました。
改札口から地上に出たところが会場でした。
氷の祭典で氷の彫像が何体もあって見事です。とても見やすくなっていましたが、行った時間帯は車が運行できる時間で、近寄っては見られませんでした。
又地下鉄に乗り大通公園に行きました。ここは雪像で大小さまざまなものがありました。色んな企業が参加していました。
「白い恋人」プレゼンのスノーボードのデモが行われているのを見ることが出来ました。
五人の方が滑ってみせるのですが、これも大会で選ばれた人のようです。
お昼はセンチュリーホテルの23階の回転レストランでレディスランチを食べました。
食事のコースで一周すると思ったのですが、一周は出来ませんでした。
少し休んで大通会場に又向かいました。
ここではタモリの顔があるのはメールで知人が見せてくれたので、知ってはいましたが、私が見たときは像もくたびれていました。
今年は暖冬で例年より溶けやすく、像の維持は大変のようです。

夕食は駅前のビッグカメラの上にあるラーメン共和国(何件もあります。)でラーメンを食べることに・・・
賑わっていて行列の店屋が良いと言う情報をもとに旭川ラーメンを食べることに・・・札幌に行った意味が無いかも・・・

夕方からよさこいソーランまつりの券を頂いていたのでそれを見ることにしました。
よさこいソーラン祭は6月頃行われるのですが、手に鳴子を持つこと、ソーラン節を入れること、40人以上の人数であることの三つの条件があるそうです。
開始の時間までその時の祭の模様がビデオ放映されていて、壮観でした。
新琴似天舞龍神(しんことにてんぶりゅうじん)と言うチームが去年三連覇を達成したとかで、その踊を見ました。
かけ声に会わせた踊が素晴らしかったです。一緒に踊ることも勧めてくれ、一緒に記念撮影もしてくれました。

踊が終わると夜の8時です。札幌のテレビ塔に上がることにしましたが、45分待ちです。
列を見ましたがもっと時間が掛かりそうだと判断し、諦めてライトアップされた雪像を少し見て帰りました。9時になるとライトアップの色がオレンジから青に変わりました。
この日は相当疲れました。

雪まつり←見てね

   雪まつり一方通行守り見る   もみぢ
   大小の雪像にある出来不出来  〃

007 009_1

053 050

092

| | コメント (4)

2007年2月14日 (水)

必須アイテム

私の必須アイテムはいくつかありますが、その一つにはさみがあります。飛行機に乗るときはこれが引っかかりました。
ライター・スプレー・刃物類は機内持ち込みが出来ません。
ここで聞いたところによると刃渡り4センチ以上がダメとのこと・・
このはさみは子供が小さいとき使っていたもので持ち手が動物になっていて、刃先も丸いので人を傷つけるような代物では無いがOUT
名前を書いて申告しますが、名前がブラックリストに載らないか心配しました。
今後は刃渡り4センチ以下のものを探します。

   刃物持ち歩いてをりし余寒かな   もみぢ
   手ぶらにはしがらみの無き春の風   〃

| | コメント (8)

支笏湖へ

8時40分に伊丹から千歳に向かいました。
11時からの観光バスに予約していたので時間通りの運行で全てがスムースに運びました。氷濤(ひょうとう)まつりは支笏湖で開催されていました。
夜中に型(?)に水を掛けて凍らせ氷の館のようなものが沢山出来ていました。夜になるとライトアップされるようで、色んな色でさぞ幻想的ではなかろうかと想像致しました。

次は小樽に向かいます。小樽は二回目ですがここは何回来てもこぢんまりとした町で好きです。運河沿いがライトアップされるようで、これも夜恋人と来れば最高でしょう。
私達は女の二人連れ・・・ちと淋しい・・・
紅葉のグラスなども見つけたのに、パソコンの故障で映像は無し!
夜は何処に出掛ける元気もなしでホテルの地下で海鮮丼を食べました。

   寒灯とライトアツプはちと違う   もみぢ
   運河より雪を照らしてゐる灯     〃

| | コメント (6)

2007年2月12日 (月)

おいた

子供がマジックをおもちゃにして手を染めてしまった・・・という経験を持つお母さんも少なくないと思います。
これが大人だったら・・・(^▽^) ハッハッハ
もう子供のことが言えなくなりますね。

何故かペンからインクがこぼれていたらしく、いたずら小僧(元い!おばはん)のような手になってしまいました。

   もみぢ

2007_01150018

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

ごますき

名前に興味がわき注文しました。
すき焼きの胡麻版でした。
すき焼き鍋に胡麻が混ぜてあり、卓上で食べるのですが、キャベツ・ニラが野菜です。豚肉の薄切り・ぶり切り身・海老が付いています。
最後はラーメン玉をいれて〆ます。
ラーメンにいいお味がしみこんで、とっても美味しかったです。

   ゴマスキと言う鍋料理食しけり   もみぢ
   鍋料理ラーメン使う訳のあり     〃

2007_02020009 2007_02020010

2007_02020011 この店は鮨屋さんで季節の押し寿司をワゴン販売に来られます。

これが叉美味しかった~。

今日から旅に出ます。すずらんさん行って来ますね~。
ホテルニューオータニに宿泊します。
コメントの返事が遅れます。m(_ _)m

| | コメント (10)

2007年2月 8日 (木)

見た目はサツマイモ

友達から頂きました。
ヤーコン芋は見た目はサツマイモと同じです。
アクが多いので皮は厚めに剥きます。
スライスして一分水にさらして、生で食べます。
ほんのりと甘くて、サラダやフルーツ感覚で食べられます。
テレビで見て興味を持ち近隣で捜しましたが、売っていませんでした。
今回頂いた芋は友達の友達が自分で栽培したものです。
その友人はきんぴらに出来るよと言って下さったとか・・
パソコンで調べるときんぴらの調理法も載っていました。
きんぴらは好評でした。

   この芋の生で食すといふ美味さ   もみぢ
   果物のやうな芋とは摩訶不思議    〃

2007_02010011_1 2007_02010014

2007_02010018_1

| | コメント (7)

2007年2月 7日 (水)

ジョウビタキ

散歩中にとっても綺麗な鳥を発見。
ジョウビタキと思われます。
ヒタキは種類が多いそうですが、我々が良く見るのはこのジョウビタキらしいです。
黒い翼に大きな白班があるので、「モンツキドリ」ともいい、また、人を恐れないところから「バカビタキ」などど呼ばれる(広辞苑より)
年配の人で「モンツキさん」と呼んでいる方がいました。

   紋付は普段着なりしジョウビタキ   もみぢ
   はつきりと紋の白さもジョウビタキ    〃

2007_01280022 2007_01280021

2007_01280020 この日は左の木の実にご執心で何度も飛んでいました。

| | コメント (10)

2007年2月 6日 (火)

150年ぶりの公開

京都の博物館で御所の障壁画が公開中です。(2月18日まで)
今回は御所が建築されてから150年だそうで、1800枚ある未公開の障壁画のうち200点が展示されています。
公開をしてもらうのには相当な苦労があったようです。
今まで暗い中で、懐中電灯で照らしてしか見たことの無い障壁画に、企画された大学教授が痛く感動されたそうです。
部屋の用途によって、画ががらりと変わるのがわかります。
今回初公開ですが、この先何時公開されるかも分からない代物と言うことで、興味のある方には超お奨めです。

   春の風御所の襖に興のあり   もみぢ
   屏風絵に時代の色を計りをり    〃

2007_02050013 2007_02050014

2007_02050007

| | コメント (14)

北野天満宮

2007_02030046 2007_02030031

八神社はこの天満宮とは目と鼻の先です。
ここまできたら寄らない手はありません。
どの程度梅が開いているか興味もありましたが、梅園はまだ開園していませんでした。
2007_02030045 2007_02030044

それでも境内の梅は誇らしげに咲いていました。
マンサク、ロウバイも何本かありました。
この日は人出が多くお参りは行列に並ばねばなりませんでした。
梅の見頃は中旬頃でしょう。

   行列をするほど人出梅の宮   もみぢ
   天神の梅として咲き初めにけり   〃

2007_020300332007_02030036 2007_02030041

2007_02030043 

| | コメント (8)

2007年2月 5日 (月)

妖怪ストリート

2007_02030006 2007_02030008

北野天満宮の近くに、大将軍八神社と言う方位の神様をお祀りした神社があります。
決して大きな神社ではありませんが、有名なようです。
この神社の前は狭い道路で一方通行になっています。
商店街がずらりと並んでいます。
2007_02030014 2007_02030023

この通りを妖怪ストリートと言います。
町興しの一環ではないかと思いますが、なんともユーモラスな妖怪たちが商店の前に一体ずつ置いてあります。
テレビに紹介もされたそうです。
なかなか楽しいですよ。
お子様お孫様連れてお越し下さい。

   春浅し妖怪の出迎へ受けて もみぢ
   肝試しするには未だ春寒し   〃

2007_02030005 2007_02030011

2007_02030012 2007_02030013

2007_02030015 2007_02030016

2007_02030017 2007_02030018

2007_02030019 2007_020300202007_02030022 2007_02030024

2007_02030025 2007_02030027

2007_02030028 2007_02030029

2007_02030004 

| | コメント (8)

2007年2月 4日 (日)

節分祭

2007_02030051 2007_02030054

友達のお誘いで節分祭に行くことになりました。
この日は四軒のハシゴとなりました。
メインは平安神宮です。
12時から奉納狂言はまだ続いていました。
2007_02030055 2007_02030056

2時からの大儺(だいな)の儀を拝見するつもりでした。
30分前に行きましたが大勢の人でいい場所はありませんでしたが、何とか見ることが出来ました。
2007_02030058 2007_02030060

宮中で大晦日に行われてた行事の再現です。
追儺(ついな)のことを鬼遣らい(おにやらい)と言いますが、「鬼遣ろう、鬼遣ろう」と言いながら会場を回って歩くのです。(鬼野郎と聞こえていました。)
2007_02030064 2007_02030066 2007_02030068 3時から鬼の舞と豆撒きです。
門から残っていた鬼が入って来たという想定で、鬼が門より6匹入って来ます。
(この緑の鬼に襲われそうになりました。)
2007_02030071 2007_02030074 2007_02030078 この時は一番前で見れたので、鬼もばっちり撮ることが出来ました。
鬼は筋書き通りに、豆を撒く人に退散させられてしまいます。そのあとロープが外されて豆撒きが始りました。
2007_02030084 2007_02030086 2007_02030087 この後4時から節分火焚祭があります。
祈願の護摩木を御焚き上げするのです。
太陽も顔色を失うほどの煙でした。

   豆を撒くとは決め台詞節分会   もみぢ
   節分会鬼の眼の数多し        〃 2007_02030090
2007_02030096 2007_02030101

| | コメント (6)

2007年2月 3日 (土)

風花(かざはな)

朝起きると景色が白っぽい。
夜のうちに雪が降ったようです。
でも直ぐに溶けてしまいます。
車のフロントガラスに霜が降りて白くなっていることは最近多々あります。
毎朝車に乗るときは薬缶にお湯持参で出かけます。
全国何処も寒くなっているようで、大阪も免れません。
雪が時々思い出したように舞っています。

   一歩踏み出す風花の舞ふ街へ    もみぢ
   風花の儚き軽さかと思ふ         〃

2007_02020002 2007_02020003

2007_02020008

| | コメント (8)

2007年2月 2日 (金)

大護摩供(おおごまく)

2007_02010007 2007_02010008

友達と誘い合わせて「護摩法要」なるものに行きました。
バス停からの坂道がきつくて、音を上げそうになりながらもなんとか到着しました。
前にも来た事があるので、始めての友達を案内する形で、お参りを済ませると神事は少し始っていました。
2007_02010010 2007_02010011

山伏の方が何人も来ておられ、見た顔の方が何人もいたので、何時も同じ方が来ていると分かります。
若者はいませんでした。
2007_02010017 2007_02010018

護摩壇が作られており、火を点けるまでにいろんな行事があるのですが、山伏の問答に始まり祓いや浄めの儀式が執り行われます。
山伏が順々に「うけたまわって候」と応えて弓矢や刀で祓っておられました。
2007_02010022 2007_02010030

護摩壇は檜の葉で囲まれて、火が点火されると読経が始ります。
山伏の長が護摩木を火の中に投げ入れていきます。
もうもうたる白煙で風下には人がいなくなりました。
2007_02010032 2007_02010042

一時間ほどで神事が終わり、その後はほだ木を崩して水を掛けます

約30分掛けて「火渡り」の準備に入ります。

2007_02010047 2007_02010054

火の中に丸太で道を作り、檜の葉で祓い、塩で浄めて準備をしますが、「印を結ぶ」仕草で何か祈祷のようなことをされていました。
そしてこの方が一番に火渡りします。

2007_02010058 2007_02010057

素足になり塩で浄めてもらい山伏に手を引かれて、くすぶっている丸太の上を渡ります。
一年間風邪を引かないとか言いますが、私は風邪の最中で、治る事を期待して渡りました。

   火渡りに厄落とすといふ願ひ   もみぢ
   厄除に家内安全火渡りす      〃

| | コメント (6)

2007年2月 1日 (木)

パスポートセンターへ

家に片づけを時々していますが、大事なもの入れにパスポートが無いのに気付いてはいましたが、「何処かに仕舞い込んだのだろう」と気楽に考えていました。それからことある度に捜しているのに見つかりません。
それでもこんなに捜してないのだから、・・・あらぬ妄想に苛まれます。
五月の連休に何処かに行きたいので、スタンバイオッケーにしておかねばと、覚悟を決めて行って来ました。
紛失届けを先に出さなければなりません。
紛失した日やその状況など、など・・・
「仕舞い込み過ぎて・・・」と書きながら・・・あ~あ・・・ため息ばかり・・・
ところが書類の一部が不備で出直すことに・・・あ~あ・・叉ため息。
半日は覚悟しないといけません。
折角顔の壁の厚塗りをして、写真撮ったのに・・・
とも角今日午前中にもう一度行ってきます。
忙しい、忙しい・・・

   1月も忙しきうちに過ぎにけり   もみぢ
   早過ぎる春愁に囲まれてをり    〃

| | コメント (10)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »