« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

万華鏡

万華鏡は好きなアイテムの一つです。
鏡の中に写る世界に、一つしかない景色を覗いているような気分になります。
中に刻んだものを入れたのや、液体を使ったものや、色付きのプラスチックの組み合わせなど色々な形態のものがあるようです。
液体を使ったものは、液漏れを起こしてしまいました。
空気の入った分変わった景色(綺麗と言えませんが)が見れます。
万華鏡も一喜一憂しているのかも知れません。
皆様も気分転換してみませんか?

   万華鏡秋色捜すこともして   もみぢ

2006_060560002_1 2006_060560003

2006_060560004 2006_060560005

2006_060560007

| | コメント (8)

2006年9月29日 (金)

いい天気

2006_10010016

最近ほとんど大阪は晴れています。
バス停で近所の知り合いのおばちゃんにあいました。
遠くから私と分かったと言うのです。
それも「歩き方で分かった。」っていうんです。
がっくりきました。
昔から遠足などに行くと、必ずどちらかの足が痛くなりました。
大人になって分かった事ですが、左右の足の長さも大きさも不揃いでした。
歩き方には気をつけているつもりでしたのに…

天気がいいんですから、そんなことは気にしないで、やっぱり出かけましょうか。

    天高し散歩専用靴穿いて   もみぢ

| | コメント (4)

ちょっと協力

切手蒐集をしていたことはお話したことがありますが、古切手が随分と溜まったので、送ることにしました。
ン十年分です。
テレホンカードやJR等のカードもついでに送ることにしました。
量が多いから整理に当分掛ることでしょう。
少しでも喜んでいただければと思っております。(自己満足ですが・・)
興味のある方は下をクリックしてみて下さい。

http://www.joy.hi-ho.ne.jp/v-tanjoubi/

   爽やかに寄付したけれと思へども   もみぢ

2006_09040040 2006_09040041

| | コメント (4)

2006年9月28日 (木)

ハロウイン

9月に入った頃からハロウイン関連のグッズが目に付くようになりました。
初めての海外旅行の時、帰国の日がその日と重なり、ホテルのボーイさんやメイドさんが色んな扮装で勤務されており、物珍しかったのを思い出しました。
お客さんは記念写真を一緒に撮ったり楽しんでいました。
私たちはホテルを出発してしまい、夜の様子が分からなかったのが残念ですが、さぞ賑わったことでしょう。
カボチャの顔を見るといつも思い出します。

   ハロウイン喜怒哀楽のカボチャかな   もみぢ

2006_08300001 2006_08300002

2006_08300003 2006_08300004_1

| | コメント (2)

2006年9月27日 (水)

稲雀(いなすずめ)

2006_09120009 近所の田も殆ど実っています。
そこで活発なのは雀です。
群れをなして稲を食べているようです。
人が来るとさっと逃げます。
食べ過ぎた雀は低く飛んで逃げます。
体が重くなっているのでしょうか。ε=ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛ダダダ!!!

   稲雀飛びにくさうに太りをり   もみぢ

2006_09120010 2006_09120011

2006_09120014 2006_09120016

| | コメント (6)

2006年9月26日 (火)

新風?

注目の組閣人事が決定し、新しい内閣が誕生しました。
“論功行賞”“身内”とか言う言葉が飛び交い“舞台裏”と題して対談もしていましたが、テレビ映像以外の駆け引きやドラマを想像してしまいます。 一介の主婦としましては、平和で住み良い世の中をただただ祈るのみです。

   澄む水を見習い欲しき政治かな   もみぢ

| | コメント (0)

着せ替え

携帯電話を最近新しくしました。
黒と白の二種類しかなくて、白を選びました。
何とも味気ないので、トールペイントを習っている友達に絵を描いてもらうことにしました。
電話を何日も預けるわけにもいかず、着せ替え用のカバーを買いそれを暫く使用していましたが、「出来たよ~」といわれて取に行った所、素敵に出来上がっていて、大満足でした。
別の友達も褒めてくれて、一人で悦に入っている次第です。
とっても細かい仕事で雑な私には無理ですね。

   秋草を配し携帯着せ替へる   もみぢ

2006_09140001 2006_09140002

2006_09140003 2006_09140004

| | コメント (4)

2006年9月25日 (月)

東向き

我が家は東南の角で、午前中の太陽の光には恵まれています。
私が寝る部屋は東に向いているので、朝日はたっぷりと入るはずなのですが、カーテンを閉めてあるとか、お弁当の準備で忙しいとかで、朝日をじっくりと見ることがありません。
銚子で朝日を撮ってから朝日に興味が湧きました。
たまたま5時15分に目が覚めた時に、朝日のことが脳裏をよぎりました。
空を見ると白みかけています。
暫くすると赤みを帯びてきました。
もうそろそろとは思いつつ、油断した隙に太陽は止まることなく上がっていました。
ドジ・ドジ・ドジ・・・ガッカリです。
朝は忙しいので無理かも知れません。

   朝焼けや私の部屋は東向き   もみぢ

2006_09150002 2006_09150003

2006_09150004

| | コメント (8)

花手毬

友達の家に沢山咲いていました。
殖えるらしくて、鉢ごと下さいました。
可愛くて沢山咲くので押し花に最適です。
色違いもあるようです。

   花手毬秋を楽しむこともして   もみぢ

2006_09040018 2006_09040020

| | コメント (2)

2006年9月24日 (日)

葛の花

2006_09140005 葛は蔓性で高い木の上にまで登る事が多いです。家の窓と同じ高さのところまで咲き上っていました。
この花は摘むと直ぐ萎んでしまいます。
花はなかなか可愛いのですが、はびこって困ることが多いようです。
秋の七草の一つで、根は葛粉、葛根湯の原料となるそうです。

   樹の高さもて居候葛の花   もみぢ

2006_09140008 2006_09140009

2006_09140010

| | コメント (2)

稲刈り和歌山は

2006_091730049_1 2006_091730050_2

和歌山は早稲の田が多いようで、稲刈りの終った田が、列車の窓外から見ることが出来ました。
海と山が間近な地形も多いようで、横に長く稲架(はざ)を組んであるところも少なくありません。
2006_091730051 2006_091730052

様々な稲架の組み方が楽しめました。
列車の中からの写真は見難いかも知れませんがお許しを・・・
列車が大阪に近づくにつれて、天気が良くなってきているようで、複雑な気持ちになりました。(夜には雨でしたが・・・)

   稲架長く組んで海山近き村   もみぢ

2006_091730053 2006_091730056

2006_091730057 2006_091730061

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

初雪葛(ハツユキカズラ)

見る度に気になっていた植物です。
別名は「五色葛」とか・・・(°ー°)(。_。)ウンウン頷けます。
葉の模様が綺麗で一つとして同じ模様が無い様です。

   初雪の話題もうすぐカツラ咲く   もみぢ

2006_062660024 2006_062660025

2006_090910092

(ハツユキカズラとゴシキカズラは別品種とのご指摘がありました。殆どの人が混同しているようで、私も混同していました。m(。-_-。)mスイマセーン)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めはり寿司

目を見張るところから名前が付いたというお寿司です。
寿司飯の中に紫蘇の粉(ゆかり)とゴマが入っていて、高菜の漬物で巻いたものです。
昔は田圃に出て行くときの、お弁当に大きなものを持っていったようで、食べる時に口も目も大きくして食べたようで、何ともユーモラスな名前です。
売られているのは、俵型で一口で何とか頬張れそうな大きさです。
初めて食べましたが、なかなか美味しかったですよ。

   めはり寿司列車の中で食べる味   もみぢ

2006_091730044 2006_091730045

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

トロロアオイ(黄蜀葵)

花が大きくてよく目立ちます。
派手な黄色ではなく、優しい黄色なのが気に入っています。
モミジアオイ(紅葉葵)と同じアオイ科でハイビスカスの仲間だそうです。
最後の写真は勝浦で見つけたものです。
同じ花のように見えるのですが?・・・~(・・?))(((;・・)?

   秋深しトロロアオイの黄色見て   もみぢ

2006_08220006 2006_08220010

2006_08220008 2006_08220011

2006_091730042

| | コメント (6) | トラックバック (1)

養殖

2006_091730020 海に出ると、囲ってある網のようなものが、何箇所かありました。
ハマチや貝の養殖をしているそうです。
養殖の出来ない魚として、カツオのことを聞いたことがあります。
養殖の嫌いな方にはカツオをお奨めします。
ハマチは出世魚でその順番は分かりますか?(「・・)ン?
広辞苑によりますと、
 東京地方=ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ
 大阪地方=ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ
灯台は小さいのですが、ありました。

   養殖の見回りもして船遊   もみぢ

2006_091730007 2006_091730008
2006_091730040

2006_091730041 2006_091730039

| | コメント (6)

2006年9月21日 (木)

コアオハナムグリ

たまたまペパーミントに止まっていたのを撮ったものです。
意外と綺麗な緑と金がお洒落な感じです。
特徴がある模様なので、名前も分かりました。
ハナムグリ亜科に属する甲虫でした。

   ハーブにはグルメなる花虻の来る   もみぢ

2006_09060036 2006_09060038

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お宿2

この宿では癒しの空間としての演出がなされていて快適に過ごすことが出来ました。
ちょっとした置物にもそれは感じられましたし、非常用の設備が分かりやすいところに置いてありました。
部屋が広い分(大人数用に)テレビも電話も二つありました。

翌日のチェックアウトの際、写真館で撮ったような、立派な写真が出来ていましたが、有料でした。(1500円)
スナップ写真でいいから、無料だと嬉しかったのですが・・・

   備へあれば秋の旅にも安堵感   もみぢ

2006_091720048 2006_091720079

2006_091720077 2006_091720078

2006_091720054

| | コメント (8)

2006年9月20日 (水)

m(_ _)m

パソコンを修理に出します。
コメントの返事が暫く出来ません。記事は予約アップ致します。

   秋の風別れの季節でもなかり   もみぢ

2006_091720035 2006_091720036

2006_091720037

咲いていたところが気になりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

島めぐり

2006_091730001_1 生憎の台風で遊覧船は内海を廻る一コースだけでした。
ホテルで100円割引券を戴き、乗船しました。
桟橋にはホテル専用のものもあり、折からのチェックアウトした客を乗せた船が次々と到着し、バスターミナルへと向います。
2006_091730004 2006_091730005

2006_091730006 2006_091730002

2006_091730003 色んな船が来て見るだけでも楽しくなります。
私たちが乗るのはクジラ号でなるほど潮を吹いています。
乗客は二組だけでしたが、出発しました。
2006_091730009 2006_091730022 雨が段々激しさを増す中、予定通りのコースを案内嬢のテープの声を聞きながら進んでいきます。
渦潮を思わせるような波の中を進むのですが、映像では捉え切れませんでした。
2006_091730028 2006_091730026

色んな島や岩があり洞穴も多く、紀の松島と呼ばれていました。

2006_091730010 2006_091730019

デッキに出ることが出来れば映像も随分と変わったものになっていたと思いますが、今回はこの程度でお許し願います。

   熊野灘にも挨拶し船遊   もみぢ

2006_091730018 2006_091730030

2006_091730029 2006_091730035

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ペパーミント

道路の植え込みのように植えられていました。ペパーミントはハーブの一種ですが、家の近所にもあります。
これはどんどん殖えていくようです。
洋菓子やアイスクリームに乗っていたり、紅茶にも入れたりしますが好きな香りです。

   狗尾草(えのころぐさ)ペパーミントと並びけり   もみぢ

2006_09060034 2006_09060042

2006_09060040

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

お宿

2006_091720042 2006_091720043

ホテルに着くと記念写真を撮られました。
専属のカメラマンみたいな人でした。
部屋に着くと、お抹茶が出されます。
お軸とお花を拝見し・・・何だかお茶会みたいです。
2006_091720046 2006_091720047

前日書いたとおり空いていた一部屋はいいお部屋だと思います。
17畳(内2畳は床の間)に8畳に2畳に他に応接間のようなところもあり、風呂とトイレは別々、廊下もあるし、無理したら10人は泊まれます。(布団が10組ありました。)
2006_091720045 2006_091720050

2006_091720044 全面窓で海の景色が思うがままです。

露天風呂からも海が見えます。

那智の瀧が部屋からもお風呂からも見えるのですが、
この日は台風が近づいてきていて、天気が悪く見えませんでした。
料理は勿論美味しかったですよ。夜の一部と朝食を載せておきます。

   食欲の秋食べさせるコースかな   もみぢ

2006_091720074 2006_091720075

2006_091720076

夜はこのほかにマグロのほお肉の陶板焼きに土瓶蒸し、鮪の小丼、揚げ物、海鮮サラダ、味噌汁、ご飯、香の物、フルーツでした。
2006_091720080

| | コメント (6)

会いたい(銚子の帰り)

新幹線に乗るときはE席を希望します。
しかし今回は、急なこととてD席しかありませんでした。
窓際はどうしても取れません。
東京へ行く時は曇り空で、会うことは叶いませんでした。
帰りもD席で天気は晴れていましたが雲があります。
夏場はどちらかと言うと会い難いのです。
去年は台風と重なり無理でした。
「これは分からない」とは思いながら一縷の望みは持っていました。
しかし隣の方が窓を閉めてしまわれましたので、デッキに出ました。
出て大正解でした。いつもは見ない位置から雲の後の富士山が見えたのでした。(左の写真)
それからは雲の連続で、再会が危ぶまれましたが、ベストスポットで会うことが出来ました。
富士山だ~い好きのもみぢでした。
左富士は撮れましたが、右富士は諦めました。

   天高し富士山頂の遥かなる   もみぢ

2006_091030056 2006_091030062

2006_091030063 2006_091030065

| | コメント (6)

2006年9月18日 (月)

叉急に

2006_09160068 急にお誘いを受け、出かけました。(まだ銚子の話も全部終っていないと言うのに・・・)
どうせなら温泉がいいし、それに前回行った海も良かったしで、和歌山を希望したのだけれど、何処も温泉宿は一杯でした。
唯一、一部屋空いていたと言う、勝浦に行くことにしました。
白浜が空いていればベストだったけれど、更に遠い勝浦に出かけるしかありませんでした。
大阪から更に四時間とは思いませんでした。
何せここまで足を伸ばしたのは初めてのことです。
2006_09160069 2006_09160071

2006_09160070 駅前には無料の足湯がありました。
この日はどなたも入っておられませんでした。
有名な那智の瀧にはバスやタクシーに乗ることになります。
2006_091720023 バスの観光用乗車券は往復1000円で、いくつかの観光地で乗り降り自由となっていました。
殆どの観光客はバス利用です。
タクシーは一万円ちょっとで、案内して下さると言うことでした。
先ず瀧に行きましたが、瀧の高さにも杉の高さにも驚かされました。

   杉林高し滝音深かりし   もみぢ

2006_091720005 2006_091720009

2006_091720010 2006_091720002

2006_091720004

| | コメント (6)

茨城へ

銚子大橋を渡ればそこはもう茨城県です。
真っ赤な大橋も今は架け替え工事が始っていて直ぐ横で工事をしています。
2006_091030034 2006_091030037

2006_091030039 2006_091030041

2006_091030042 2006_091030049

渡った直ぐに聞いた事も無い名前の神社発見!
下りて参拝することにしました。
手子后(てこさき)神社・・・鹿島神宮の関連の神社らしい。
道中の無事を祈りつつ、帰途に着きました。
2006_091030045 2006_091030046

ここから波崎に抜け海岸通を通るつもりでしたが、生憎?のトライアスロンの大会とかで、何処も海岸は通行禁止でした。
仕方が無く、銚子駅に直行して帰ることになりました。
写真は銚子駅前界隈です。

   秋空と銚子大橋潜りけり   もみぢ

2006_091030054 2006_091030055

| | コメント (6)

2006年9月17日 (日)

食べ方

友達が遊びに来てくれてイチジクを出した時のことです。
ある友達がイチジクを洗ってくれて、机の上に置いたのですが、いきなり一つ取り上げて蔕の方を折るようにして皮をむきました。
上手にするすると剥かれて、美味しそうに食べられ、つい真似してしまいました。
小さい時は半分に手で割ってかぶりついていましたが、大きくなってからは包丁で半分に切りスプーンですくっていました。
イタリアで皮を剥いたイチジクが出て来てからは、皮を包丁で剥いてから食べる事も多くなりました。
どの食べ方がいいと言うわけでは無いですが、他の皆さんはどうして食べているのか気になりました。

   無花果の皮を手で剥くこともして   もみぢ

2006_09120001 2006_09120002

| | コメント (6)

醤油の町銚子

2006_091030021 2006_091030022

銚子の町は醤油作りに適した気候だそうです。暖流と寒流がぶつかり合うところが良いのだそうです。
銚子の町では「ヤマサ」「イゲタ」の醤油会社に二分されているところがあります。
主だった店にはどちらの醤油も置いてあり驚かされました。
ホテルにも両方のコーナーが設置されており、商売人はどちらかを贔屓にには出来ない事情がありそうです。
土日は工場見学はなくビデオ放映だけとは聞いていましたが、ヤマサ醤油の工場に行きました。
行くともう上映が始っており、暗い中を空いている椅子を捜して坐りました。
15分ほどで終了し、テーブル醤油を一本ずつお土産にもらいました。
会場には色んな展示物が置いてあり、それを見て帰途に着きました。
(同行の友達はヒゲタ醤油の工場見学をされていて、そこのフレスコ画は必見とのことでした。)

   むらさきと呼べば爽やかなる醤油   もみぢ

2006_091030024 2006_091030025

2006_091030028 2006_091030029

2006_091030030 2006_091030026

2006_091030031 2006_091030032

| | コメント (4)

2006年9月16日 (土)

ぬいぐるみ?

2006_09140038 ぬいぐるみに見えませんか。
友達の家のインコの「さくら」ちゃんです。
色もそうですが目がとっても綺麗ですね。
こんなに鳥を間近で見ることがあまり無いので、興味津々です。
怖がりでデジカメを怖がっていました。
また愛想が良くて、肩の上に止まってキスしてもらいました。
(残念ながら「さくら」ちゃんはメスでした。)
ポーズを色々とってくれて、お友達とのツーショットや見返り美人もありますよ。
小動物と遊ぶととても癒されます。

   この家が永久の住処よ小鳥来る   もみぢ

2006_09140020 2006_09140021

2006_09140022 2006_09140024

2006_09140015 2006_09140017

2006_09140018

|

日の出

ホテルからの配慮で日の出と満潮の時間を書いておいてくれています。
この日は5時15分です。
五時には起きて風呂に入りに行きました。
ここで日の出を待つことに致しました。
皆さん同じ事を考えるようで何人もの人が既に来ていました。
この日は雲が厚く水平線を覆っていて、どんな日の出になるのかワクワクしておりました。
時間通りに太陽は顔を覗かせてくれましたが、雲が厚い分光は見えません。
そこで雲の上まで出るのを待ちました。
十分以上かかりました。
何とか山から登ったような日の出を写すことに成功しました。
カメラを持ち込んでいたのは、私だけでした。(/。\)

   秋の日の昇り始めといふところ   もみぢ

2006_091030016 2006_091030011

2006_091030019 2006_091030020

| | コメント (6)

2006年9月15日 (金)

ホテルで

子供に予約を任せていたので到着すればいいだけの、楽な旅行です。
予約が急でしたので、二軒当ってくれて、このホテルをとる事が出来ました。
夏休みが終ったとはいえ、土日は何処も予約が入っているようです。
先ずお茶を頂きましたが、抜群に美味しかったのです。
2006_09090084 お友達が入れてくれたので、入れ方が上手だったのかもしれませんが・・・
上等のお茶と決め付けて飲みました。
八階で窓からの眺めもいいんですよ。
勿論灯台も良く見えますし、波音が直ぐ側です。
2006_09090089 お風呂にいくと海側が全面ガラスで・・・湯船と海の区別が付きますか?
何とも贅沢なお風呂です。
窓際まで行くとここは二階なので通行人と目が会う事もあります。
2006_09090092 岩風呂が別にあり、そちらには色々な種類の浴槽があります。
勿論温泉も・・・(~-~) ハハァ~
食事は子供も入れて三人で摂りました。
写真は沢山撮ったのですが超~美味しかったものを上げておきましょう。
2006_09090094 2006_09090097

2006_09090101 2006_09090099
やっぱり刺身が美味しいです。
金目鯛、ひらめ等・・天婦羅も趣向が凝らされ工夫がありあり・・金目鯛の煮付けは、小骨も無く柔らかく味もいい・・グラタン風のものは魚の白身が入っており、これまたグーの味でした。
他に色々あったのに載せなくて申し訳ありません。
夜は月と灯台の灯を眺めながら、友達と二人でゆっくり致しました。

   灯台の回りだしたる夜長の灯   もみぢ

2006_09090104 2006_09090105

2006_09090106 2006_09090108

| | コメント (8)

海のそばのハーブ園3

2006_090910083 2006_090910086

2006_090910085 ランタナは良く見かける花です。
花は小花の合弁花で、始めは黄色または淡紅色で、後に橙色または深紅色に変わり一年中開花します。
紅黄色(コウオウカ)・七変化(シチヘンゲ)の別名があります。
   

2006_090910081 2006_090910082

この花の仲間だと思うのですが、はい性ランタナもありました。
はい性とは地を這うことのようです。

あと目に付いたのはフラミンゴと言うハイビスカスとサルビアのマーブル等です。

   秋晴に応へてをりし花ばかり   もみぢ

2006_090910100 2006_090910099

2006_090910105 2006_090910106

2006_090910093 2006_090910103

| | コメント (6)

2006年9月14日 (木)

海へ

銚子のポスターの屏風が浦の写真に惹かれて、海に行きました。
そこは海水浴客もまばらで、浜も綺麗で気持ちの良いところでした。
2006_09090048 2006_09090047_1

もっと間近で見たいという思いもありましたが、潮風の心地よさ、海からの贈り物(忘れ物?)に気をとられて、暫く浜で遊びました。

2006_09090050 2006_09090052

2006_09090049 桜貝が所々に落ちていて、拾いました。
蟹の穴が沢山ありました。
砂にまみれた蟹も写したのですが、お分かりいただけたでしょうか、人の足音にも敏く、なかなか顔を出してくれませんでした。

   夏の果蟹の足跡しかなかり   もみぢ

2006_09090063

2006_09090053 2006_09090054

2006_09090056

| | コメント (10)

海のそばのハーブ園2

ハーブガーデンポケットは多分もっと広かったと思うのですが、沢山の種類を見ただけで満足してしまい、奥の奥までは行きませんでした。
入場無料ですが、花の鉢植えなどの販売をしていました。
これハーブ?と言うような花も沢山ありました。

   秋草で彩られたるハーブ園   もみぢ

2006_090910054 2006_090910053

2006_090910055 2006_090910056

2006_090910059 2006_090910061

2006_090910065 2006_090910066

2006_090910070 2006_090910074

2006_090910075 2006_090910076

| | コメント (4)

2006年9月13日 (水)

地球の丸く見える丘

2006_09090026 この展望館は丘の上にありました。展望するところに広い台があり10人以上乗れると思います。
そこの上で四方を眺めると、気のせいか確かに丸く見えます。
視界が広がり360度を同じ場所から眺めることが出来ます。
(丸く回らねばなりませんが・・私のデジカメでは丸い感じが出せませんでした。(_ _,)/~~ コウサン)
今日は雨だと言うのにラッキーでした。
2006_09090027 2006_09090028

2006_09090029 2006_09090031

駐車場から展望館までのところに「風見鶏」ならぬ「風見鰹」がいくつかありました。
漁業の盛んな地ならでわでしょう。

   天高し展望台にある高さ   もみぢ

2006_09090023 2006_09090024

| | コメント (8)

海のそばのハーブ園

ハーブガーデンポケットは無料なのはいいのですが、看板も小さく分かり難かったです。
いろんなハーブが見れて参考になりました。

   秋色のハーブの色にまで及ぶ   もみぢ

2006_090910024 2006_090910026

2006_090910027 2006_090910028

2006_090910039 2006_090910038

2006_090910040 2006_090910042

2006_090910043 2006_090910044

2006_090910046

2006_090910047

| | コメント (8)

2006年9月12日 (火)

まず灯台

2006_090910014 2006_090910015

2006_090910016 銚子ポートタワーは四階の展望室が約47メートルで犬吠崎の灯台よりも少し高いそうです。入場料金が300円で、後で行きますが地球の丸く見える丘展望館との共通券が600円のところ400円になるというので即購入しました。
2006_090910022 2006_090910023

展望室は丸く回るようになっており、総ガラス張りで天候を気にすることなく、眺められます。
ここは夢二ゆかりの地とかで、東京の夢二館と同じようなものが売られていました。文学碑もあるようです。
水産物即売センター「ウオッセ21」が直ぐ隣で、新鮮な魚貝を始め土産物すべてがそろいます。
敷地も相当広く丁寧に見て回れば、そこそこ時間が必要です。

次はお目当ての犬吠崎の灯台です。2006_09090006

階段は九十九里浜にちなんで99段ありますが、あとプラス五段上がらねばなりません。
灯台の上に出ると、300度が海で60度が陸かな・・・と思いました。
天気が良い上に汗をかいている身には風が心地よく、暫くは風に吹かれておりました。
寒い季節に来て直ぐ下りることになった話を聞きました。
今日泊まる予定のホテルがまん前に見えた時には嬉しくなりました。
天気に感謝しつつ降りましたが、あっという間でした。

   灯台に上ればさらに天高し   もみぢ

2006_09090011 2006_09090009

2006_09090007_1

2006_09090014

| | コメント (10)

仙人草(センニンソウ)

銚子で一番目に付いた花です。あちらこちらに咲いています。@@
この仙人草は山に咲いていると思い込んでいました。
ある方が「庭に植えている。」とおっしゃった時には本当に驚きましたが、それ以来です。
この花は好きな花なので遠目でも大概分かります。
余りにも群生していて、ここでは決して珍しい花ではありません。
何時見ても・・・やっぱりお気に入りです。

   仙人草人懐つこく咲くところ   もみぢ

2006_09090065 2006_09090066

2006_09090067 2006_09090068

2006_09090074

| | コメント (6)

2006年9月11日 (月)

急に?

2006_0909100212006_090910008  急に思い立って千葉県の銚子市を尋ねました。
私の子供が住んでいる町でもあります。
友達と二人で行き、色々案内してもらいました。
銚子は交通の便があまりよくなくて、東京から二時間に一本特急がありますが、時間帯により銚子まで二時間掛る列車もあります
2006_090910009 銚子は海の町です。そんなに広くは無いと聞きました。
丁度お昼に着き食事をした後、観光にまわることにしました。
食事は口コミで有名な店に案内してもらい、丼を頂きました。
美味・・美味・・美味でした。(^o^)ウマイ!!
観光地は明日以降に。

   秋晴に出会ふ銚子の町に来て   もみぢ

2006_090910011 2006_090910012

2006_090910010

| | コメント (10)

えごの実

2006_09060014 えごの木が公園にありました。
今は実が成って割れかけていました。

   名札見てよりえごの実とわかりけり   もみぢ

2006_09060012 2006_09060013

| | コメント (4)

2006年9月10日 (日)

ビルの中

2006_09060004 2006_09060005

温室のような感じですが、実はビルの中なのです。
一階から二階にかけて色んな緑が植えられています。
地下鉄の出入り口とも繋がっていて、通り抜ける人や休んでいる人も見かけました。
大同生命さんのビル内です。

   このビルの中で茂るを許されて   もみぢ

2006_09060006 2006_09060007

2006_09060009

| | コメント (3)

食べれない

2006_09060022 例の都会の中の公園で見つけたけど、食べれない茸でしょう。(茸の知識があまりないです。^^;)
大きいのもありましたが・・・
こんなに沢山見つかるとは思っていませんでした。

   毒茸そ知らぬ顔をしてをりぬ   もみぢ

2006_09060023 2006_09060021

2006_09060025 2006_09060026

2006_09060027

| | コメント (4)

2006年9月 9日 (土)

こんなところに

電車で大阪に行った時のことです。
見たような景色が窓の外に・・・
つい見とれてしまいました。
お台場にもありますよね。
お台場のは全身でしたが、これは上半身のみのようです。
人に尋ねたところ、パチンコやさんだそうです。(´ー`)┌フッ

   上半身だけの銅像天高し   もみぢ

2006_09060046 2006_09060047

| | コメント (8)

無花果(いちじく)

いちじくが出回るようになりました。
近所でも色づいています。
実家の裏の家が無花果を植えてらして、その枝が我が家の庭にまで伸びていました。
小さい頃よく頂いて食べていました。
中のプチプチ感がたまらなく好きですね。
いちじくは時々買います。
売っているのは大きなものが多いですね。
イタリアで食べた皮の黄色いような無花果も印象に残っています。

   無花果の花はどれかと尋ねても   もみぢ

2006_09060001 2006_09060002

2006_09060003

| | コメント (6)

2006年9月 8日 (金)

こんどは

たこ焼きは一口サイズで食べやすく、蛸はそんなに好きではないのですが、たこ焼きは別です。
たこ焼きも全国区になったようですが、大阪のたこ焼きやさんの多さは半端ではありません。
有名店から内職のような、小さな窓口売りやら、あっちこっちにあります。
それゆえ、たれがバラエティーに富んでいます。
ソース、生醤油、ケチャップ、からし、マヨネーズ等。
有名店では買う時、お好みを聞いてくれます。
中でもソースは各店趣向を凝らしています。
レギュラーソース・甘口ソース・どろソース等等・・・
聞かれると、店独自のオリジナルソースを注文しています。
葱はトッピングで入れてもらえます。
葱は家に帰る頃はしんなりして、つんとした感じが少なくなっていて、独特の苦味が気になりません。
好き嫌いの問題かも知れませんが、家でも掛けて試すことは出来ます。

   食欲の秋たこ焼きもお好みも   もみぢ

2006_09020018 2006_09020009

2006_09060049 右端は「ぼてぢゅう」のお好み焼きです。「ぼて」っと返して、「ぢゅう」と焼く、そういうお好み焼きを焼く時のリズムから名付けられた名称だそうです。

| | コメント (6)

尺蠖虫(しゃくとりむし)

2006_09040001 尺取虫が住み着いてから何日か経ちましたが、食欲は相変わらず旺盛です。(’-’)ホウホウ
雨にも負けず頑張っています。
暇さえあれば眺めているのですが、どちらが頭か区別がつきません。
右と左どちらか、皆さんは分かりますか?
はっきりと分かる時があります。
それは食事中の時です。
あたりまえで~す。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

   尺蠖に無防備となる食事時   もみぢ

2006_09040002 そしてついにいなくなりました。
何の断りも無く、食べるだけ食べて・・・(-"- )
鉢の周りを散々探しましたがいません。キョロ(・・ )( ・・)キョロ
かき消すように消えるのはどうしてなのだか?(゚ペ)?ワカラン!

| | コメント (6)

2006年9月 7日 (木)

時間待ち

検診までの時間が一時間ほどありましたが、飲むのが禁止では喫茶店にも入ることが出来ません。
仕方が無いので近所に公園がありましたので、そこで時間を過ごすことにしました。ビルの谷間にある公園ですが、広いようでいろんな広場や庭園がありました。
サルスベリの樹が多いように思いましたが、色んな花がありました。子供たちだけでなく、大人もここを通っていました。

   ビル街の一角なれど水の秋   もみぢ

2006_09060010 2006_09060028

2006_09060031 2006_09060024

2006_09060020 2006_09060011

2006_09060015 2006_09060016

| | コメント (4)

定期健診

年に一回健康センターで検診を受けています。
今回は申し込むのが遅かったので第五組になってしまいました。
五組は午後二時からで朝食はパン一枚程度なら食べてもいいのですが、食べませんでした。
それ以降も飲まず食わずで検診に臨みました。
今回もバリウムを飲みましたが、げっぷをしてはいけなくて苦しかったです。
途中で吐きそうに成るほど、気分が悪くなりました。
食事は夕方五時にやっとです。
それと下剤に苦しみました。
バリウムがお腹で固まると大変なことになるので、早く出さねばなりません。
下剤を撮影が終って直ぐ飲み、帰って飲み、寝る前に飲み、夜中に飲み、朝起きてから叉飲み、合計10粒。
飲みすぎてしまいました。
気分が悪くて起き上がる事も出来ません。
一日寝ていれば治るでしょう。
この日の予定はフイになってしまいました。
下剤は体力を消耗致します。
紀子様が男子誕生と言う目出度い日に・・・("э")

   馬肥ゆる秋に絶食せねばならず   もみぢ

| | コメント (8)

2006年9月 6日 (水)

秋刀魚

さんまの安売りがありました。
解凍品でした。
一本40円也。
但し七本のパック詰めです。
ちょっと食べ切れそうにありません。
買うのを諦めました。
今までで一番安かったのは一匹五十円のことがありました。
次の日行ったらもうありませんでした。
この日は生さんまで一匹七十円でした。
四十円のは当日のみで、売り切ったものと思います。
これからは秋刀魚の季節到来です。
魚は好きですから時々買おうと思います。

   秋刀魚焼く煙を出さぬ時代かな   もみぢ

| | コメント (8)

秋だから鈴虫

ご近所で鈴虫を見つけました。
受付に置いてあったのです。
昼だからどうかなとは思ったのですが、少し鳴いていました。
夜になるとここは誰もいないと思いますが、きっとうるさい位に鳴くのではないでしょうか。

   鈴虫の声は聞き分けられるてふ   もみぢ

2006_09020003 2006_09020004

左の写真;左から二匹目が鳴いているのですが・・・
分かり難いですね。m(。-_-。)mスイマセーン

| | コメント (2)

2006年9月 5日 (火)

スポーツの秋

集団の少年を見るとスポーツ・・・と、頭の中が反応いたします。
たまたま買物の帰り二組も見てしまいました。
時間的に二組とも何処かの帰りかも知れません。私の行く方行く方と前を走っていきます。
その元気さが羨ましくもありました。
この辺りは細い道路(昔の街道です。)が多く、車の交差は注意を要します。
運転中は自転車やバイクは怖い存在です。
もう一組はバス停にいました。
この子達は野球です。
野球かサッカーしか思い浮かばないもみぢです。

   少年に少女にスポーツの秋が   もみぢ

2006_09020012 2006_09020013

2006_09020017

|

またもや秋の蝶

2006_08300016 最近は何処に行っても花が沢山あり、嬉しい限りです。
花があれば蝶もやって来る。
至極自然な情景ですね。
またまた見つけてしまいました。
近所のお花で溢れているお宅の庭でです。
「ナミアゲハ」で何処にでもいるアゲハチョウのようです。
とは言っても大きいので見栄えが致します。
おまけに私の好きなデュランタ宝塚にご執心の様子です。
離れても直ぐに帰って参ります。
お陰でゆっくり撮れました。

   秋の蝶恋焦がれたる花のあり   もみぢ

2006_08300007_1 2006_08300014

2006_08300013 2006_08300012

| | コメント (2)

2006年9月 4日 (月)

アクセス数

三日の日にアクセス数が一万回を突破しました。@@
ご来駕賜りまことに有り難うございました。
これも偏に皆様のお陰と感謝致しております。
暫くは暗中模索で、自分一人の孤独な営業でしたが、お友達も出来楽しんでやっております。
自分では飛ばし過ぎかなと思う時もありますが、行ける所まで行くつもりです。
度々留守にする事もありますし、波もあると思いますが、宜しくご指導方お願い致します。

   人生に節と波あり秋日傘   もみぢ

2006_09040003

| | コメント (4)

お見舞いが鯛

「しんどくて寝込んでる~」と言ったら友達が来てくれた。
お見舞いに「鯛」持って・・・@@
こちらがビックリ仰天。
来てくれた時はそこそこ元気になっていて、今度は友達がビックリ仰天。
お陰様でこの日は鯛料理です。
身は昆布〆にしました。何日かに分けて食べます。
皮は湯引きでポン酢和え。
あらでだしをとり、残りご飯で鯛おじや・・・
明日は鯛のあら炊きをしましょう。
魚大好きな「猫年生れのC型人間」とうそぶいている私としましては、鯛ご飯も作りたいところですが、ご飯を食べる人が少ないのでおじや一人前となりました。( ^0^)_D いただきまーす。Aさん有り難う。

   鯛持って爽やかに友来たりけり   もみぢ

2006_09020005 2006_09020006

| | コメント (6)

秋なのに尺蠖虫(しゃくとりむし)

2006_08310003 2006_08310004

ちょっと油断をしていたわけでもないのに、尺取虫に気が付きませんでした。
もう相当大きくなっています。
子宝草(これもハカラメの一種)にいたのです。
マンションの高階まで来るのには感心いたします。
2006_08310005 いつもはカポックに付きます。
今まで何回も付いた事がありますが、子宝草は初めてです。
この葉がおいしいのでしょう。どんどん食べています。
毎回付く毎に観察するのですが、ある日突然いなくなります。
とっても不思議です。
今回もいなくなるのかな?^^?

   尺蠖の食欲のふと羨まし   もみぢ

2006_08310011 2006_08310012

| | コメント (2)

2006年9月 3日 (日)

郵便物の整理

年賀状などを捨てようと思い整理していました。
切手蒐集をしていた名残でしょうか、つい切手を切り取る癖が付いています。大きな菓子箱一杯分で切手がこれだけ出ました。
2006_08310006 年賀状は切手があんまりないので仕方がありません。
この中にコイル切手が二枚(40円)切手帳を使ったものが三枚(60円)あと、未使用もありました。
エアーメールも何通かありましたので、これは残すことにしました。
切手だけを切り取るより実際の使用例として郵便物をそのまま集めるのが流行です。
2006_08310007 コイル切手とは自動販売機用にロール状に切手が巻いているものです。

両端に目打ち(ミシン目)が無いのが特徴です。
2006_08310008 切手帳とは携帯用に売り出されたもので、これも目打ちに特徴があり、ミシン目の無い辺があります。
もう切手蒐集はしていないのに、こんな事が気になってしまいます。
切手の消印が忘れられたものも時々あります。
それは未使用として、又使います。
料金やデザインの変更で切手には色々な種類があります。
こんな切手があったのかと今更ながら驚くものもありました。
短い期間で使用量が少ない切手などは価値がありますが、よっぽど古い切手か特殊な切手以外はそんなに値が上がりません。
蒐集は余りお奨めはしません。

   整理して身ほとり少し爽やかに   もみぢ

2006_08310009 2006_08310010

| | コメント (4)

葡萄

ご近所にある花御殿・・・花で溢れているんですよ。
そこに葡萄まであるのです。
こういう実を成らせるのは難しいと思いますが、今年も実を付け色づいて来ました。
なんかいい感じの色になってきて、楽しみです。( ̄¬ ̄) ジュル・・・

   色づいてこの実やつぱり葡萄色   もみぢ

2006_083020011 2006_083020012

個人のお宅なので敢えて全景は撮りませんでした。

| | コメント (6)

2006年9月 2日 (土)

たこ焼

大阪名物はたこ焼きです。
なのに中には明石の蛸を使っているお店が多いんです。
ちなみに、明石焼なるものもありますが、形はたこ焼きとそっくりな玉子焼きで汁につけて食べます。
づっと以前に明石焼きを食べたことがあるのですが、記憶が曖昧です。(^^ゞ
たこ焼きは前を通るたびに行列が出来ていて、今回は行列が出来ていなかったから買ったのでした。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
4個で200円、8個で400円です。
この日は葱を乗せてもらって20円増しの420円でした。
このたこ焼きの店の名は「大大鮹鮹」。
何て読むか分かりません。m(._.)m ゴメン

   秋の昼たこ焼きの笑窪をつつく   もみぢ

2006_08300005 2006_08300006

2006_08300007

| | コメント (8)

秋の蝶

小さい蝶が止まっていたので、てっきりシジミ蝶かと思っていましたが、なんと!ジャノメ蝶(ヒメウラナミジャノメ)でした。
どれだけ接写しても、逃げなかったのは疲れていたのでしょうか?
気になりました。

   まだ力尽きてをらざる秋の蝶   もみぢ

2006_08280008 2006_08280009

| | コメント (6)

2006年9月 1日 (金)

付き添いで

友達が検査をするというので付いて行きました。
怖がりで心細いらしいんです。
私のときは付いて来てくれるそうです。
ついでに写真も撮らせてもらいました。(一体何のための付き添いなのか(^^ゞ)
この機械はCTの機械で頭をX線で輪切りにするらしいです。
MRIは電磁波で縦横斜めどんな方向からでも切ることが出来るそうです。
友達はあっという間に済んで、何事もなく出てきました。
何やら気持が悪かったとか・・・
病気にはなりたくないものですが・・・うまくいきません。(´ー`)┌フッ

   整頓も清潔もまた爽やかな   もみぢ

2006_08300004

| | コメント (4)

大毛蓼(オオケタデ)

2006_083020003 蓼の花は普通可愛い赤まんまのことを指すようですが、背丈以上あるこの蓼は色も綺麗なピンク色で目立っています。
仲間内では色から「さくら蓼」と読んでいますがこの名前では別の花があるようです。

   蓼の花寄せ集めたるピンク色   もみぢ

2006_08100001 2006_08100002

| | コメント (4)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »